スポンサード リンク

唇が荒れる原因・症状 唇の荒れを改善する

サブメニュー

唇が荒れる原因

今回は唇が荒れる原因について、まとめてご紹介したいと思います。唇の荒れには実に様々な原因があり、口紅や果物のように比較的気づきやすいものもあれば、歯科金属など大変気づきにくいものも存在します。ここではいくつかのカテゴリーに分けて、見ていきましょう。

まずは外的環境から。空気の乾燥や紫外線が、唇の荒れの原因となります。次に、科学的刺激。口紅、リップクリーム、歯磨き剤といった化粧品やケア用品が主ですが、果物など食べ物も唇の荒れを引き起こすことがあります。

また、特定の薬が原因で起きる薬疹、吹奏楽器などが原因の金属アレルギー、さらには花粉や黄砂、アトピーといったアレルギーの症状として、唇が荒れることもあります。こうした科学的刺激による唇の荒れは、原因物質との接触を避けることが大切になります。

さらに、唇の荒れを起こすものとして重要なのが病気です。ヘルペス、カンジダなどが代表的です。また風邪を引いていたり、胃腸が弱っていたりしても、唇が荒れてしまうと言われています。

そのほか食事や喫煙といった物理的刺激や、ビタミン不足、口呼吸、唇を舐める癖も、唇の荒れの原因として挙げられます。

特に口呼吸は唇の乾燥を招き、唇を舐める癖の原因にもなる困りものです。唾液には潤い成分が無く、舐めても乾燥が加速するばかりなのですが、特に子供などは唇の乾きが気になって、つい舐めてしまうようです。

大人でも、この癖を持っている人は要注意です。「乾燥→舐める→乾燥」の悪循環になってしまいます。