スポンサード リンク

お腹のガスの原因・症状 お腹のガスを解消する

サブメニュー

お腹のガスの原因

ここでは、お腹にガスが溜まる原因についてまとめています。お腹のガスの原因は、生活習慣や病気、ホルモンの影響や心理的要因など多岐に渡っているようです。

早食いや暴飲暴食

早食いをすると飲み込む空気の量が多くなり、お腹のガスの量が増えてしまいます。また暴飲暴食は腸の異常発酵を引き起こし、ガスが溜まる原因となります。

ビールやコーラ、ご飯、イモ、豆類、肉類など

炭酸飲料を摂ると炭酸ガスが取り込まれますので、お腹のガスが増えます。また人によっては、デンプン質や食物繊維等により、ガスが発生しやすくなることがあります。



肉や豆などタンパク質が豊富なものも腐敗ガスのもととなりますので、摂り過ぎには注意しましょう。

冷え性、腸下垂、便秘、IBS、下剤など

体が冷えていると腸の動きが悪くなり、ガスが溜まりやすくなります。また腸が下垂している、ねじれている、手術後に癒着を起こしているなどの問題や、便秘体質やIBSなどもお腹のガスの原因となります。下剤などの薬も、体に合っていないとガスが増えることがあります。

女性ホルモン

女性はホルモンの影響により、体が水分を溜めやすくなる時期があります。この時期は腸もむくみやすくなり、腸の動きが鈍ってガスが溜まりやすくなります。

ストレス

ストレスが原因で、空気を飲み込む癖がついてしまうことがあります。また、ストレスが腸の動きを鈍らせ、便秘を引き起こしてガスの停滞を招くこともあります。