スポンサード リンク

お腹のガスの原因・症状 お腹のガスを解消する

サブメニュー

お腹のガスを抜く

ここでは、お腹のガスを抜く様々な技をご紹介したいと思います。ガスでお腹が張ると本当に苦しく、人によっては歩くのさえ苦痛に。ガスが溜まってきたら、早目に抜くのが上策です。

ガス抜きといえば有名なのが、猫のポーズ。四つんばいの状態から腕を曲げて、お尻を上に突き出します。人前で行うのはちょっと難しいですが、ガスを抜くにはかなり効果的ということでお勧めです。



また、うつ伏せや横向きに寝る姿勢を取ると、ガスが出やすいという話もあります。横向き寝の姿勢では体の右側を下にするのが良いと言われていますが、「左側を下にする方が効く」という声もありますので、色々試してみてくださいね。

お腹を温めたり、マッサージしたりするのもガスを抜く良い方法です。特に生理前の女性など、腸のむくみからガスが溜まりやすくなっている場合は、カイロや温湿布でお腹を温めると効果的だそうです。温湿布をする時は、お湯に浸けて絞ったタオルにペパーミントオイルを数滴落とし、お腹にのせるのがお勧めです。

また腸がむくんでいる時は、足首を回したり、膝の屈伸をしたりして下半身を動かすべし。腸がむくんでいると血行が悪くなり、血行が悪いとむくみが解消しないという悪循環が起きやすいので、なるべく動いて血流を促しましょう。ガスを抜くことが出来、張りも落ち着いてきます。

ただ歩くだけでも、腸のむくみは取れると言われています。学校や職場でも休憩時間には席を立ち、こまめに体を動かすようにしたいですね。